大原
おおはら
Ohara

所在地

千葉県いすみ市

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2019年)約1,400人

いすみ鉄道(2018年)約320人

 

外房線といすみ鉄道が利用できる、いすみ市の代表駅

外房線といすみ鉄道が乗り入れる駅。いすみ鉄道は駅員が配置されていないので実は無人駅である。

 

元々は国鉄の路線だった木原線が第3セクター化され、いすみ鉄道になってからは厳しい経営状況が続き廃線になりかけたが、2009年に就任した社長が訓練費用自己負担運転士やムーミン列車の運行、新車導入などの経営活性化策を実行した結果成功し、廃線を免れた。

INDEX

 

STATION GALLERY

 

SPOT

 

 

外房線

 

(上り)
大網・千葉方面

(下り)
勝浦・安房鴨川方面

京葉線通勤快速
京葉線快速
普通

いすみ鉄道

 

(下り)
上総中野方面

STAMP

いすみ鉄道、大原漁港。いすみ鉄道はいすみ市と大多喜町を走るローカル線で、春の時期になると沿線が菜の花でいっぱいになる。大原漁港は大原駅から徒歩約20分ぐらいの漁港。イセエビの漁獲量が日本一であり、外房イセエビという千葉ブランド水産物に指定されている。またタコの水揚げも盛んであり、大原産マダコとして兵庫県明石(あかし)市の明石タコと並び日本の2大タコと称される。

房総横断乗車記念。房総内陸部を走るいすみ鉄道は終点の上総中野駅で小湊鉄道線に乗り換えることで房総半島を東西に横断可能。この事から両路線を合わせて「房総横断鉄道」と呼ばれている。総距離は65.9kmで両路線で使用できる房総横断記念乗車券が販売されている。

STATION GALLERY

JR

駅名標

駅名標2

縦型駅名標

名所案内

ホーム

待合室

サイン

ようこそ!いすみへ

駅舎の中

いすみ鉄道乗り換え

かつてのいすみ鉄道乗り換え

駅前ロータリー

駅の看板

駅前のイルミネーション

いすみ鉄道

駅名標

駅名標2。「Free Wi-FiならWi2」とは株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスのネーミングライツ。大原駅・国吉駅・大多喜駅・上総中野駅およびいすみ鉄道の列車内でフリーWi-Fiを提供する

かつての駅名標

縦型駅名標

縦型駅名標2

ホーム

いすみ鉄道0キロポスト

大多喜場などが描かれた絵画

ありがとうございました

のりばご案内

いすみ鉄道の駅舎の中はお土産屋さん

お土産屋さん営業時間外

JR大原駅入口

いすみ鉄道の駅舎を外から眺める

駅の看板

スナフキンとスニフ

SPOT・EVENT

大原漁港 港の朝市

おおはらぎょこう みなとのあさいち

大原駅から約1km


毎週日曜日に大原漁港が開催する朝市。最大40店舗以上の出店が出店し新鮮な海産物や農産物、それらを使用した軽食を販売する。大原漁港はマダコとイセエビの水揚げが盛んであり、イセエビは日本で一番の漁獲量を誇るという。

衣とたこの食感が絶妙なたこ唐揚げ

身が厚くて衣がサクサクのアジフライ

あさりとおこわの風味が良いあさり飯

身が大きく衣サクサクのエビフライ

九十九里のはまぐりは汁もダシが出ていて美味しい

プリプリして香ばしいいか焼き

イセエビの味噌汁はダシが素晴らしい味わい

マダコを使用したタコめしはプリプリとした至高の逸品

たこ焼き

地ダコ

いわしの干物

開催場所は大原漁港内で異なる場合がある

大原海水浴場

おおはらかいすいよくじょう

大原駅から約1.5km


日在浦(ひありうら)海岸に約300mに渡って砂浜が広がるいすみ市の海水浴場。トイレとシャワーを併設した展望施設があるのが特徴。遠浅で波が穏やかなビーチは家族連れに人気。

 

 

 

 

アーチ

海岸

小浜八幡神社

こはまはちまんじんじゃ

大原駅から約1.5km


八幡岬上の断崖に位置する神社。神社のある断崖が太平洋に突出しているため大原漁港や丹ヶ浦、いすみ市の町並みが一望でき眺望に優れる。この景色を求めて多くの文人墨客が歴訪した記録がある。

神社の北側にある大原漁港

神社の南側に広がる丹ヶ浦

いすみ市の町並み

STATION DATA

JR東日本
駅構造 地上駅
ホーム

2面3線

開業日

1899年(明治32年)

12月13日

運営形態 直営駅
路線
外房線
キロ程

57.2km
(千葉起点)

三門
(3.5km)

浪花
(3.3km)

年度別1日平均乗車人員
1960年 3,910
1970年 3,590
1980年 3,610
1990年 3,020
2000年 2,200
2010年 1,680
2019年 1,400
いすみ鉄道
駅構造 地上駅
ホーム

1面2線

※開業日

1930年(昭和5年)

4月1日

運営形態 無人駅
路線
いすみ鉄道線
キロ程

0km
(大原起点)

西大原
(1.7km)

年度別1日平均乗車人員
1988年 JR木原線を引き継ぎいすみ鉄道線開業
1988年 1,020
1990年 1,030
1995年 780
2000年 580
2005年 400
2010年 320
2015年 370
2018年 320

※国鉄木原線の開業日、1988年3月よりいすみ鉄道線として開業

大原

※2021年7月現在の配線図です。
JR

番線 路線 行き先 有効長 備考
1 外房線

上総一ノ宮・千葉・東京方面
(安房鴨川方面)

11 駅舎側で発着が多い
2 外房線 上総一ノ宮・千葉・東京方面 11
3 外房線 勝浦・安房鴨川・木更津方面 11

いすみ鉄道

番線 路線 行き先 有効長 備考
1 いすみ鉄道線 大多喜・上総中野方面 -
1 いすみ鉄道線 大多喜・上総中野方面 -

←NEXT→

COLUMN

房総のムーミン谷

 

いすみ市の大原駅と大多喜町の上総中野駅を結ぶいすみ鉄道。房総半島内陸部を走る、路線距離26.8kmのローカル線である。

 

 

のどかな里山風景が魅力的だが、いすみ鉄道の目玉は春の時期になると線路沿いに菜の花や桜が咲くこと。菜の花が沿線に咲く距離は約15kmと言われ路線総距離の半分も黄色い菜の花でいっぱいになる。これを目当てに普段の何倍もの乗客、カメラマンが訪れ沿線は大変賑わう。いすみ鉄道といえば菜の花、と言えるぐらいだ。

 

しかしいすみ鉄道には菜の花の他にもうひとつ象徴的なものがある。それは「ムーミン」だ。

 

 

ムーミンはフィンランドの作家トーベ・ヤンソンが描いた童話の中に登場するキャラクターである。世界的に有名なため日本で知らない人はそういないはず。

 

いすみ鉄道は里山や菜の花畑を走る。ムーミンは自然を愛し、お花畑の中で皆仲良く暮らしている。この共通点からいすみ鉄道は沿線をムーミン谷とみなし、2009年10月1日からムーミンをイメージキャラクターとして採用した。

 

 

これは沿線人口の利用客現象に伴い赤字に悩まされていたいすみ鉄道の経営回復手段である。この時いすみ鉄道は廃線の危機に陥っており、2009年度の決算で改善が見込めない場合は代替交通を用意して廃止する予定だった。

 

 

いすみ鉄道は列車や車内にムーミンキャラクターを施し「ムーミン列車」に、国吉駅にムーミングッズ専門店をオープン及びいすみ鉄道とのコラボグッズを販売、駅構内や沿線も彩り、いすみ鉄道沿線はのどかなムーミン谷へと変貌を遂げた。

 

この試みは見事成功し多くの観光客を呼び込むことができた。その他にも行った数々の増収策も好調で、結果的に廃線を免れることに成功する。

 

 

存続が決まった後もムーミン列車はいすみ鉄道の名物・象徴として観光客を惹き付け続け、後に「ムーミンの聖地」と呼ばれるまで定着した。しかし、そんないすみ鉄道にも転換期が訪れる。

 

2019年3月31日を持ってムーミン列車の運行を終了するというのだ。取り止める理由は沿線の人口減少に伴う収入減とのこと。

 

なぜ収入減で終了してしまうのか?それはムーミンというキャラクターは著作権利用許諾、すなわちライセンスがなければ商売として利用できないためである。

 

 

これは東京ディズニーリゾートと同じ仕組み。東京ディズニーリゾートを経営する株式会社オリエンタルランドがアメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーとのライセンス契約を行うことでディズニーというキャラクターを使用している。ムーミンもディズニーもいわば「キャラクタービジネス」の一種なのだ。

 

ムーミンの利用許諾料がいくらなのかは不明だが、いすみ鉄道という一会社が更新を取り止めるぐらいだから相当な金額なのだろう。

 

 

ムーミン列車は終了してしまったが廃線の危機に面していたいすみ鉄道に観光客を呼び寄せ、存続させることに成功した。ムーミンがいなければいすみ鉄道は今なかったかもしれない。

 

←NEXT→

 


PAGE TOP