上総一ノ宮
かずさいちのみや
Kazusa-Ichinomiya

所在地

千葉県長生郡一宮町

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2019年)約2,980人

 

 

運行形態が大きく変化する外房線の境界駅

外房線の境界駅で当駅から安房鴨川方面は電車の本数が一時間に一本ほどになり、千葉方面からの半数の列車と総武線快速は当駅で折り返す。

 

千葉方面からの総武線快速は当駅で折り返し運転を行っているが、1998年までは勝浦まで乗り入れていた。後ほどは大原までとなり、2004年に当駅までの乗り入れとなった。

 

2020年のオリンピックのサーフィン会場が町内にある釣ヶ崎海岸に選ばれたことから快速や特急が停車する当駅は一宮町の玄関口を担うことになり、町の玄関口としてふさわしい駅舎にリニューアルが行われた。改札も海側に近い東口が新設され利便性が向上した。

INDEX

 

SPOT

 

 

外房線

総武線快速・京葉線快速・京葉線通勤快速

 

 

 

(上り)
大網・千葉方面

(下り)
勝浦・安房鴨川方面

※八積方面、東浪見方面ともに当駅止まりが多い
※八積からの総武線快速は当駅止まり

STAMP

緑と海と太陽のまち 一宮。一宮町キャラクター一宮いっちゃん

STATION GALLERY

駅名標

駅名標2

縦型駅名標

ホーム

2・3番線ホームに待合室。波の模様が描かれている

サーフィンの町、一宮町ならではの待合室

一宮町をアピールする看板

階段アート

B.B.BASEGATE

トイレ

リニューアル前のトイレ

駅舎の中

上総一ノ宮駅の歴史。上総一ノ宮駅は1897年(明治37年)4月17日に房総鉄道(当時)開業に伴い営業開始した。

かつての駅舎の中

2020年のオリンピックのポスターがたくさん

Welcome Kazusa Ichinomiya

涼しげなのれん

西口は比較的車通りが多い

躍動する緑と海と太陽の町 一宮

一宮町マップ

一宮町マップ2

街灯

西口に観光案内所がある

東口改札。ICカード専用である

東口ロータリー

東口駅舎

上総一ノ宮駅の文字

夜の上総一ノ宮駅の文字

かつての駅舎

かつての駅の看板

駅舎工事中

東口新設中

SPOT

玉前神社

たまさきじんじゃ

上総一ノ宮駅から約500m


玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祭神とする1200年以上もの歴史を持つ神社。地域内で最も高い社格「一宮」の神社であり、一宮町という町名の由来にもなっている。

 

女性を守護する神社として知られ、縁結びや安産などにご利益があることで知られているようだ。

鳥居

国家「君が代」で歌われるさざれ石。小さな石や細かな石のことを言う

STATION DATA

JR東日本
駅構造 地上駅
ホーム

2面3線

開業日

1897年(明治30年)

4月17日

運営形態 直営駅
路線
外房線
キロ程

43km
(千葉起点)

八積
(4.1km)

東浪見
(3.2km)

年度別1日平均乗車人員
1990年 3,090
1995年 3,220
2000年 3,160
2005年 3,060
2010年 3,050
2015年 2,980
2019年 2,980

上総一ノ宮

TIME TABLE

外房線

土休日 〜2021年3月12日

上総一ノ宮

土休日 2021年3月13日〜

土休日 〜2021年3月12日

 

外房線ワンマン運転開始前のダイヤ。内房線との直通運転はなかった。

←NEXT→

 


このページの先頭へ