東浪見
とらみ
Torami

所在地

千葉県長生郡一宮町

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2006年)約80人

 

 

 

外房線末端区間の始まりとなる駅で野山に面したホームが特徴。徒歩25分ほどの所にある釣ヶ崎海岸は2020年のオリンピックのサーフィン会場に選ばれた。

 

当駅のある一宮町は、町内にある玉前神社が上総国の一宮(地域内で最も社格の高い神社)であったことから一帯を一宮庄と称されるようになり、その後「一宮」と呼ばれるようになった。

外房線

京葉線快速・京葉線通勤快速

 

 

(上り)
大網・千葉方面

(下り)
勝浦・安房鴨川方面

STATION GALLERY

駅名標

縦型駅名標

名所案内

野山と隣り合わせのホーム

待合所

待合所のガラスに駅名標

住宅街が広がる駅前

駅の看板

SPOT

釣ヶ崎海岸

つりがさきかいがん

東浪見駅から約2km


九十九里浜(くじゅうくりはま)の南端に位置する海岸。一年を通して良い波が寄せてくるので、サーファーにとっては絶好のサーフポイント。

 

2020年開催のオリンピックのサーフィン会場に選ばれた。

大勢のサーファーがサーフィンを楽しんでいる

東浪見の鳥居と呼ばれるフォトスポットがある

夕焼けと東浪見の鳥居

STATION DATA

JR東日本
駅構造 地上駅
ホーム

2面2線

開業日

1925年(大正14年)

12月15日

運営形態 無人駅
路線
外房線
キロ程

46.2km
(千葉起点)

上総一ノ宮
(3.2km)

太東
(3.1km)

年度別1日平均乗車人員
1990年 150
1995年 150
2000年 130
2005年 90
2006年 80

←NEXT→

 


このページの先頭へ