南船橋
みなみふなばし
Minami-Funabashi

所在地

千葉県船橋市

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2019年)約22,800人

 

 

ららぽーと最大店舗面積を誇る、ららぽーとTOKYO-BAY最寄駅

ららぽーとTOKYO-BAY最寄駅。当駅から武蔵野線(西船橋)方面の列車は本数があまり多くないので注意。

 

日中の海浜幕張方面から武蔵野線の乗り換えは原則当駅となる。平日夕方に設定される東京発西船橋行きは武蔵野線ではなく京葉線の車両が西船橋駅に乗り入れ、E233系の時は各駅停車ではなく普通と表記する。武蔵野線にはならない。(209系は武蔵野線になる)

INDEX

 

SPOT

 

 

京葉線

 

(上り)
舞浜・新木場・
東京方面

(下り)
海浜幕張・蘇我方面

(武蔵野線)
西船橋・
府中本町方面

快速
各駅停車
しもうさ号
しもうさ号 武蔵野線
武蔵野線

WALK

約1.5km

STAMP

潮風薫るまち。京葉線のE233系と船が描かれる。南船橋駅の立地する船橋市は千葉県で千葉市に次ぐ人口第2位の多さを誇る都市。南部の東京湾沿いは工業地帯として開発されているが、三番瀬と呼ばれる干潟が環境保全のために残り、都心から一番近い潮干狩り場となっている。

STATION GALLERY

駅名標

駅名標2

縦型駅名標

ホーム。「ららぽーと」の利用客と京葉線と武蔵野線方面の乗り換え客が多い

待合室

改札

「ららぽーとTOKYO-BAY」方面の出入口。徒歩約5分

南口は団地が広がる。「イケア」もある

かつての南口

北口は湾岸道路に面する。「船橋競馬場」に近い

谷津干潟公園案内図

北口駅舎

南船橋駅の文字

SPOT

ららぽーとTOKYO-BAY

南船橋駅から約500m


全国にある「ららぽーと」の中で最大の店舗面積を持つ国内最大級のショッピングセンター。400以上もの店舗があり、年間約2500万人が訪れる。南船橋駅とららぽーと同士は「ららストリート」という動く歩道で結ばれている。

 

 

2019年6月28日より稼働開始した動く歩道の「ららストリート」は南船橋駅とららぽーとへの移動の快適性を向上させた。同時に屋根が整備され雨に濡れなくなった

谷津干潟

やつひがた

南船橋駅から約400m


東京湾に飛来する渡り鳥の生息地で「鳥獣保護区」および「ラムサール条約」登録地。東京湾は1960年〜1970年にかけて埋め立てが著しく進んだが、多くの鳥が飛来する貴重な環境であったため埋め立てを免れて長方形のような池になった。干潟を囲むように約3.5kmの遊歩道が整備されている。

 

詳しくは谷津駅のページで解説する。

STATION DATA

JR東日本
駅構造 高架駅
ホーム

2面4線

開業日

1986年(昭和61年)
3月3日

運営形態 業務委託駅
路線
京葉線
駅番号 JE11
キロ程

26km
(東京起点)

二俣新町
(3.4km)

新習志野
(2.3km)

京葉線
(武蔵野線直通・二俣支線)

キロ程

5.4km
(西船橋起点)

西船橋
(5.4km)

年度別1日平均乗車人員
1986年 JR東日本京葉線開業
1986年 3,300
1990年 9,680
1995年 11,300
2000年 11,900
2005年 14,900
2010年 19,500
2015年 21,400
2019年 22,800

南船橋

※2021年7月現在の配線図です。

番線 路線 行き先 有効長 備考
1 京葉線 海浜幕張・千葉みなと・

蘇我方面

10
2 武蔵野線 西船橋・新松戸・府中本町方面 10 当駅折り返し
3 武蔵野線 西船橋・新松戸・府中本町方面 10 当駅折り返し
4 京葉線・武蔵野線 東京方面(西船橋方面) 10

TIME TABLE

京葉線

平日 2022年3月12日〜

 

土休日ダイヤに比べると日中の快速が少ない。

土休日 2020年3月14日〜

〜2021年3月12日

土休日 2020年3月14日〜

〜2021年3月12日

平日 2022年3月12日〜

 

土休日ダイヤに比べると日中の快速が少ない。

土休日 2020年3月14日〜

〜2021年3月12日

←NEXT→

 

COLUMN

南船橋駅-ららぽーと-船橋競馬場駅

 

 

南船橋駅から徒歩約5分の場所に立地する「ららぽーとTOKYO-BAY」はららぽーとの中で最大の店舗面積を持つ国内最大級のショッピングセンターである。南船橋駅が最寄りだが、当施設は京成線「船橋競馬場駅」からも徒歩10分と近い位置にあり十分徒歩圏内である。因みに船橋競馬場駅からは多少距離があるため無料の送迎バスが駅とららぽーとを結んでいる。

 

つまり、南船橋駅と船橋競馬場駅同士は徒歩連絡できるということ。両駅は徒歩約15分かかるが、京葉線と京成線を乗り換える手段が乏しいため一つの選択肢として機能する。今回はもしかしたら役に立つ、かもしれない徒歩移動ルートを見てみよう。

 

 

南船橋駅です。改札を出たら「LaLaport(ららぽーと)」と書かれた看板の出入口に進みます。

 

 

動く歩道の「ららストリート」を進みます。京葉線名物動く歩道

 

 

動く歩道が終わったら歩道橋の階段を上ります。

 

 

歩道橋を上ったら真っすぐ、道なりに進みます。

 

 

ここでららぽーとに行く人は歩道橋の上をそのまま進み、船橋競馬場駅に行く人は歩道橋を下ります。

 

 

歩道橋を下りたらひたすら直進する。

 

 

交差点を渡る。

 

 

再び歩道橋を上る。ここまで来ると京成線の線路が見えてます。

 

 

歩道橋を下りたら真っすぐ歩く。ここを歩けば船橋競馬場駅は目の前です。

 

 

船橋競馬場駅に到着しました。当駅は普通(各駅停車)と快速のみの停車ですが、普通だと京成船橋駅と京成津田沼駅まで2駅、快速だと1駅です。2つのターミナル駅がほぼ隣となかなかの利便性があります。

 

←NEXT→

 

 


PAGE TOP