日向
ひゅうが
Hyuga

所在地

千葉県山武市

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2021年)約670人

 

 

 

山武市に位置する駅。駅舎側2番線は下りホーム、跨線橋を渡った先が1番線上りホーム。ホーム有効長は8両で、朝の上り総武快速線11両編成は停車できずに通過する。駅名はかつてこの地にあった「日向村」に由来しており、令制国の「日向国」とは無関係。

 

当駅のある山武市は、2020年10月に発表された全国市町村別の魅力度ランキングで参加した1000の自治体の内最下位になってしまった。しかし市長は始めて味わった屈辱に対して「これをチャンスに変える」と話している。

総武本線

 

(上り)
佐倉・千葉方面

(下り)
成東・銚子方面

普通

STATION GALLERY

駅名標

縦型駅名標

ホーム

待合所

山武町 水道の原水は地下水です

駅舎の中

静かな駅前

山武市ガイドマップ

令和2年に完成したバス停の屋根。山武市特産の山武杉で造られている

山武市公式キャラクター。左は「むーちゃん」、右は「SUN(サン)ムシ」

駅の看板

SPOT

さんぶの森公園

さんぶのもりこうえん

日向駅から約2km


大広場、キャンプ場、図書館や文化ホールなどを備えた面積約12ヘクタールの公園。公園中心部には高さ60m、山武杉モチーフの展望塔「グリーンタワー」が建つが、グリーンタワー展望室は補修業者が見つからず2021年3月をもって閉鎖されている。

「山武杉(さんぶすぎ)」。千葉県の杉林面積の約17%を占めている

ふれあい広場(芝生の大広場)

グリーンタワー展望室

グリーンタワーから山武市を見渡す

葉桜

キリシマツツジ

やすらぎの池

わらびのみち

案内板の上にリスがいる

ツツジ

いこいの広場

どんぐりの杜

藤棚

STATION DATA

JR東日本
駅構造 地上駅
ホーム

2面2線

開業日

1899年(明治32年)

10月12日

運営形態 業務委託駅
路線
総武本線
キロ程

71.7km
(東京起点)

八街
(5.8km)

成東
(5.2km)

年度別1日平均乗車人員
1990年 710
1995年 1,300
2000年 1,490
2005年 1,480
2010年 1,370
2015年 1,070
2019年 870
2020年 640
2021年 670

←NEXT→

 


PAGE TOP