千葉
ちば
Chiba

所在地

千葉県千葉市

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2019年)約10,8000人

千葉都市モノレール(2018年)約13,000人

 

千葉県の各地を結ぶ、県を代表するターミナル駅

6路線が乗り入れる千葉市および千葉県の中心となる駅。政令指定都市の中心駅だが路線の大半はローカル色が次第に強くなる房総方面に繋がるもので、それらの利用客が大半を占める。その性質故に他県の中心駅に比べると駅や周辺の規模は控えめ。

 

当駅には発車ベル(メロディー)がない。過去に発車ベルが騒音であるという苦情を受け、発車ベルを鳴らさないで運転試験を行った結果何も問題がなかったことからそのまま発車ベルを全面廃止した。

INDEX

 

STATION GALLERY

千葉

※2021年7月現在の構内図です。

 

 

 

総武線快速

 

(上り)
船橋・東京方面

(下り)
総武本線直通
成田線直通
内房線直通
外房線直通

中央・総武線

 

(西行)
西船橋・錦糸町・
秋葉原方面

総武本線

 

(上り)

(下り)
佐倉・銚子方面

総武線快速直通 快速
普通

成田線

 

(上り)

(下り)
成田・成田空港方面

総武線快速直通 快速
普通

外房線

 

(上り)

(下り)
大網・勝浦方面

総武線快速直通 快速
普通

内房線

 

(上り)

(下り)
木更津・館山方面

総武線快速直通 快速
普通

千葉都市モノレール1号線

 

(上り)
千葉みなと方面

(下り)
県庁前方面

千葉都市モノレール2号線

 

(上り)
千葉みなと方面

(下り)
都賀・千城台方面

CONNECT STATION

約450m

STAMP

JRと千葉都市モノレール。JRは房総地区の主役である209系、千葉都市モノレールは開業当時からの車両である1000形。房総を走る209系は1993年から京浜東北線・根岸線で運行されていたものであり、房総・鹿島地区の113系や211系を置き換える目的で改造され、2009年10月から房総地区で営業運転を開始した。

2016.11.20新駅舎開業!!スタンプにはJR東日本千葉支社の「駅長犬」とその仲間たちがデザインされている。2011年以前から建て替え工事が進められてきた千葉駅は、2016年11月20日に現在の駅舎にリニューアルされ「ペリエ千葉エキナカ」が開業した。

加曽利貝塚(かそりかいづか)のある駅。JR東日本懐かしのスタンプラリーで設置されたもの。千葉都市モノレール2号線「桜木駅」から約1kmの場所にある貝塚で、公園である。直径140mと長径190mの縄文時代の2つの貝塚で構成され、その面積は日本最大級。2017年に国の特別史跡に指定されている。

STATION GALLERY

JRホーム 

総武線快速のホームがないため、東京方面の総武線快速は発車ホームが毎回のように変わる。

中央・総武線駅名標

総武線快速・総武本線・成田線駅名標

総武線快速・外房線・内房線駅名標

中央・総武線縦型駅名標

総武線快速縦型駅名標

外房線縦型駅名標

ホーム。配線の都合で総武線快速東京方面のホームは終日ランダム

外房線0キロポスト。内房線の起点は蘇我駅であって当駅ではない

千葉県らしいデザインのベンチ。左上は成田空港(成田線)、右上はサーフィン(外房線)、左下は落花生(総武本線)、右下は菜の花(中央・総武線)

くじら(内房線)

乗車口の足跡が落花生

当駅に京葉線は通っていないが京葉線の車両が内房線の代走をするダイヤがある

JR改札内 

改札内。中央改札付近

ハッキリとして見やすいデザインの発車標

千葉駅直通のショッピングセンター、ペリエ千葉

ペリエ千葉の4階にはペリエ改札がある

千葉県の特産品マップ

JR東日本千葉支社 花いっぱいプロジェクト

改札内、西改札付近。こちらは人通りが少なめ

西改札内の発車標が新しくなった

JR中央改札外 

  • 東口は千葉都市モノレールに近い。
  • 南口は京成線の京成千葉駅に近い。

中央改札

中央改札外にランドマークのハスの時計

千葉都市モノレールへ続く通路

東口

東口の向かい側に千葉都市モノレール

東口にビッグ・ツリーというモニュメント。待ち合わせの目印によさそうだ

東口にはバスターミナルやタクシーが多い

花の都・ちば

駅前のふくろう型交番

南口は「そごう」と京成千葉駅

南口を眺める

南口付近に千葉機関区の跡の記念碑

千葉公園方面の千葉公園口。千葉公園まで千葉駅から歩いていくことができるが、最寄り駅はモノレール千葉公園駅

千葉公園口駅舎

千葉公園口の先にJR東日本千葉支社のビル

千葉駅の文字

JR西改札外 

西改札口

北口ロータリー

北口駅舎

西口。学校が多いようだ

西口から南口はペデストリアンデッキでつながっている

千葉都市モノレール 

1号線駅名標

2号線駅名標

駅ナンバリング導入前の1号線駅名標

駅ナンバリング導入前の2号線駅名標

ホーム

2号線0キロポスト

千葉都市モノレール公認キャラクター、鉄道むすめの葭川となみ

千葉都市モノレール公認キャラクター、左からステーションメモリーズ!の天台ヤコ、作草部チコ、作草部マコ

初音ミクコラボ2020

初音ミク×千葉都市モノレール

改札の外。JRや京成、そごう方面の出入口がある

JR中央改札方面へ

そごうおよびセンシティタワー方面。上をモノレールが走る

そごうおよびセンシティタワー方面出入口

レリーフ、そよ風

千葉駅の文字

STATION DATA

JR東日本
駅構造 地上駅・高架駅
ホーム

5面10線

開業日

1894年(明治27年)

7月20日

運営形態 直営駅・管理駅
路線

総武本線
(総武線快速・成田線直通)

駅番号 JO28
キロ程

39.2km
(東京起点)

稲毛
(3.3km)

東千葉
(0.9km)

総武線各駅停車
(総武本線)

駅番号 JB39
キロ程

39.2km
(東京起点)

西千葉
(1.4km)

外房線
(内房線直通)

キロ程

0km
(千葉起点)

本千葉
(1.4km)

年度別1日平均乗車人員
1900年 640
1910年 1,070
1920年 2,250
1930年 2,790
1940年 不明
1950年 21,100
1960年 40,400
1970年 73,000
1980年 90,600
1990年 96,500
2000年 104,000
2010年 106,000
2019年 108,000
千葉都市モノレール
駅構造 高架駅
ホーム

2面4線

開業日

1991年(平成3年)

6月12日

路線
1号線
駅番号 CM03
キロ程

1.5km
(千葉みなと起点)

市役所前
(0.8km)

栄町
(0.5km)

2号線
駅番号 CM03
キロ程

0km
(千葉起点)

千葉公園
(1.1km)

年度別1日平均乗車人員
1991年 千葉都市モノレール2号線開業
1991年 5,750
1995年 千葉都市モノレール1号線開業
1995年 10,700
2000年 10,600
2005年 10,300
2010年 11,000
2015年 11,400
2018年 13,000

千葉

※2021年12月現在の配線図です。

番線 路線 行き先 有効長 備考
1

中央・総武線

西船橋・錦糸町・秋葉原方面 10
2

中央・総武線

西船橋・錦糸町・秋葉原方面 10
3 内房線・総武快速線 木更津・館山方面

(東京方面)

15
4 内房線・総武快速線 木更津・館山方面

(東京方面)

15
5 外房線・総武快速線 大網・安房鴨川・東金方面

(東京方面)

15
6 外房線・総武快速線 大網・安房鴨川・東金方面

(東京方面)

15
7 総武本線・総武快速線 佐倉・成東・銚子方面

(東京方面)

15 成田エクスプレス・しおさい・あずさ・富士回遊
8 総武本線・総武快速線 佐倉・成東・銚子方面

(東京方面)

15 成田エクスプレス・しおさい・あずさ・富士回遊
9 成田線・総武快速線 成田・佐原・鹿島神宮方面

(東京方面)

15 成田エクスプレス・しおさい・あずさ・富士回遊
10 成田線・総武快速線 成田・佐原・鹿島神宮方面

(東京方面)

15 成田エクスプレス・しおさい・あずさ・富士回遊

 

 

千葉

※2021年7月現在の配線図です。

番線 路線 行き先 有効長 備考
1 1号線 県庁前方面 -
2 2号線 都賀・千城台方面

(千葉みなと方面)

-
3 2号線 都賀・千城台方面

(千葉みなと方面)

-
4 1号線 千葉みなと方面 -

TIME TABLE

千葉都市モノレール1号線

土休日 2020年12月現在

土休日 2020年12月現在

千葉都市モノレール2号線

土休日 2020年12月現在

←NEXT→

 

 

 

 

COLUMN

気まぐれ総武快速線

総武線の快速は東京と千葉県の各地を結び千葉駅はその分岐点と合流点を担っています。しかしその性質と駅の配線関係により、東京方面の列車が3〜10番線の中から毎回ランダムに発車するという事態が起こっています。

とある鉄道駅の年間行事

2020年2月に千葉駅にATOSが導入される前、元旦や節分といった年間行事があるとそれに因むものを発車標に表記していた。細かいところまで書かれており千葉駅の愛を感じる作品となっていました。

モノレールマスタープラン

千葉市内を結ぶ千葉都市モノレールは、高度経済成長期による千葉市の急激な人口増加によって引き起こされた慢性的な渋滞を解消するために、1988年に開業しました。次第に延伸を繰り返し、現在は総延長15.2kmの世界一営業距離の長い懸垂式モノレールとしてギネスに記録されています。しかしこれは当初計画されていたルートの半分以下にしか過ぎないのです。

 

←NEXT→

 

 

 

 

 


PAGE TOP