松戸
まつど
Matsudo

所在地

千葉県松戸市

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2019年)約100,000人

新京成電鉄(2018年)約53,000人

 

江戸時代より水戸街道の宿場町として栄えた地

松戸市は古くから水戸街道の宿場町として栄え、現在も駅周辺の繁華街は商業拠点として賑わっている。隣接する柏市とはライバル?

常磐線快速

特別快速

 

 

(上り)
北千住・日暮里・
上野・東京・
品川方面

(下り)
柏・取手・
土浦・水戸・
成田方面

常磐線各駅停車

 

(上り)
金町・北千住・
代々木上原・小田急線方面

(下り)
新松戸・柏・
我孫子・取手方面

新京成線

 

(下り)
八柱・新鎌ヶ谷・
京成津田沼・千葉方面

STAMP

戸定が丘歴史公園

梨、松戸神社の龍神さま

STATION GALLERY

JR

常磐線快速駅名標

常磐線各駅停車駅名標

常磐線快速縦型駅名標

常磐線各駅停車縦型駅名標

ホーム

サイン

待合室

北松戸・馬橋の後付け感

新京成線乗り換え改札。2か所ある

駅ビル西口改札。アトレ松戸に通じる

新京成線

駅名標

縦型駅名標

ホーム

番線表示

番線表示2

中央改札方面。JR線乗り換え改札を通るか外に出るか

西口・東口

JR中央改札

新京成線中央改札

きっぷうりば・定期券うりばの看板

西口ペデストリアンデッキ

東口ペデストリアンデッキ

松戸駅東口

羽田も成田も、実は便利な新京成!

東西連絡通路の案内板

駅の看板

SPOT

戸定が丘歴史公園

とじょうがおかれきしこうえん

松戸駅から約800m


江戸幕府末期の水戸藩藩主徳川昭武の別邸「戸定邸」がある公園。日本の歴史公園100選に選ばれ、四季折々の自然が楽しめる。

ちば文化資産と国重要文化財に認定された戸定邸

戸定歴史館

茅葺門

梅園

標高約25mの高台から見る景色

STATION DATA

JR東日本
駅構造 地上駅・橋上駅
ホーム

3面6線

開業日

1896年(明治29年)
12月25日

運営形態 直営駅・管理駅
路線

常磐線快速
(常磐線)

駅番号 JJ06
キロ程

15.7km
(日暮里起点)

北千住
(10.5km)


(11.2km)

常磐線各駅停車
(常磐線)

駅番号 JL22
キロ程

15.7km
(日暮里起点)

金町
(3.9km)

北松戸
(2.1km)

年度別1日平均乗車人員
1990年 117,000
1995年 113,000
2000年 104,000
2005年 102,000
2010年 99,500
2015年 100,000
2019年 100,000
新京成電鉄
駅構造 地上駅・橋上駅
ホーム

1面2線

開業日

1955年(昭和30年)
4月21日

路線
新京成線
駅番号 SL01
キロ程

0km
(松戸起点)

上本郷
(1.7km)

年度別1日平均乗車人員
1990年 61,700
1995年 61,800
2000年 57,000
2005年 55,000
2010年 53,900
2015年 53,300
2018年 53,000

松戸

←NEXT→

COLUMN

新京成電鉄カーブ式会社

 

 

千葉県松戸市の「松戸駅」から習志野市の「京成津田沼駅」を結ぶ新京成線。都心には直結していないが、千葉県北西部の都心のベッドタウンを走るため利用客の多い路線となっている。全長約26kmに24駅も詰め込まれているため駅間が短くすぐ次の駅に着く。

 

それはさておき新京成線を語る上で外せないものがある。この路線、やたらとカーブが多いのだ。Googleマップで見てもらえばわかるが真っすぐな所なんてほとんどない。松戸駅から京成津田沼駅まで直線距離約16kmなのに、カーブだらけのせいで約26kmと10kmも長く走っていることになる。

 

なぜこんなに曲がりくねっているのか?これは元々、旧日本陸軍鉄道連隊の演習用に作られた線路だからだ

 

演習のため1連隊につき45kmの線路を敷設する必要があったため、カーブを多くして距離を稼いだ。45kmとは現在はない演習線の距離も含む。

 

そしてカーブを増やすことにより演習の難易度を上げることにもつながる。だからわざとカーブを多くした。

 

さらに敵機の空襲を避けるため、という意味合いもある。カーブを多くして蛇行しながら走行すれば敵機は狙いを定めにくくなる、などさまざまな説があるが今一つ定かではない。

 

このように新京成線は旧日本陸軍鉄道連隊の残した線路がルーツだったのだ。その線路が民間利用され、現在も千葉県北西部の足として多くの客を運んでいるというわけだ。

 

 

現在も十分に曲がりくねっているが新京成線が開業する前はもっとぐねぐねしていた。線路が極力真っすぐになるように努力はした、直した。しかし現在の形が限界だった。

 

 

カーブが多い中で、特に「前原」〜「京成津田沼」間のS字カーブはすさまじい。新京成線を象徴するカーブともいえるので、その曲がりくねりっぷりを実際に乗ってみて体感してみよう・・・・・。

 

←NEXT→

 


このページの先頭へ