錦糸町
きんしちょう
Kinshicho

所在地

東京都墨田区

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2021年)約79,900人

東京メトロ(2019年)約54,100人

 

東京方面と御茶ノ水方面への分岐点となる駅

各駅停車と快速は当駅で分岐・合流する。路線上の総武本線は快速のほうであり緩行線は錦糸町駅から御茶ノ水駅まで総武本線の支線となる。快速線の北側には6本の留置線があり、東京駅ですぐに折り返さない列車を当駅まで回送し留置する。馬喰町寄りから出入りする構造になっている。なお留置線の構造上錦糸町発着の列車はない。

 

駅周辺は錦糸町・亀戸副都心という場所に指定されている、東京の東側の歓楽街。約2km北にある「東京スカイツリー」が開業してからは当駅の利用客が増加傾向にある。

総武線快速

 

(上り)
馬喰町・東京・
品川方面

(下り)
船橋・千葉・
成田空港方面

中央・総武線

 

(西行)
両国・秋葉原・
中野・三鷹方面

(東行)
西船橋・
船橋・千葉方面

東京メトロ半蔵門線

 

(上り)
大手町・渋谷・
中央林間方面

(下り)
押上・北千住・
久喜・南栗橋方面

STAMP

JR。東京スカイツリーと桜とE217系。東京スカイツリーは錦糸町駅から徒歩約25分の場所にあり、JR線だと当駅が最寄りとなる。錦糸町駅北側にある錦糸公園にはソメイヨシノやしだれ桜など約160本の桜がある桜の名所。東京スカイツリーと桜を一緒に撮影できることで知られている。

STATION GALLERY

JR

中央・総武線駅名標

総武線快速駅名標

中央・総武線縦型駅名標

総武線快速縦型駅名標

ホーロー案内標

ホーロー案内標2

ホーム

中央・総武線ホームは2021年4月からホームドアが使用開始された

あぶないですからかけこみ乗車はやめましょう

中央・総武線ホームから南口方面を眺める

ホームの柱に錦糸町に伝わる伝統文化が描かれている

留置線

ホーム亀戸寄りにあるのりかえ専用階段

のりかえ地下道の古い看板

改札内コンコース

東京スカイツリータウンまで徒歩約20分。バス約10分。地下鉄約2分(一駅)

スカイツリーで彩られた改札内

東京メトロ半蔵門線のある南口。様々な施設が集う歓楽街

南口にアートレリーフ

北口改札

北口。駅周辺は錦糸町・亀戸副都心

北口に「へ音記号」を2つ合わせたオブジェ「エコー」。墨田区が音楽都市であることを表す

北口駅舎

錦糸町駅の文字

東京メトロ半蔵門線

駅名標

駅名標2

駅名標3

ホーム。ホームドア設置前

2020年5月からホームドアが稼働開始

総武線快速・中央総武線乗り換え案内

ホームの壁にアートが施されている。渋谷方面に描かれているのは「両国花火」

押上方面に書かれているのは「亀戸梅屋舗」

改札内にあるアートは「江戸名所百景」

改札

出入口1前はJR錦糸町駅南口

出入口1

壁にレリーフ

出入口3・4周辺。JR錦糸町駅の北口であり錦糸公園に近い

錦糸公園

出入口3。変わった形のモニュメントがある

出入口4への通路。人通りは少ない

出入口4。錦糸公園に至近

出入口3上り階段前に駅前オフィス・飲食街の「アルカイースト」

出入口2は錦糸町パルコ

出入口2

駅の看板

STATION DATA

JR東日本
駅構造 高架駅
ホーム

2面4線

開業日

1894年(明治27年)
12月9日

運営形態 直営駅・管理駅
路線

総武線快速
(総武本線)

駅番号 JO22
キロ程

4.8km
(東京起点)

馬喰町
(2.5km)

新小岩
(5.2km)

中央・総武線
(総武本線支線・総武本線)

駅番号 JB22
キロ程

0km
(錦糸町起点)

両国
(1.5km)

亀戸
(1.5km)

年度別1日平均乗車人員
1960年 59,000
1970年 61,100
1972年 総武快速線開業
1980年 57,800
1987年 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる
1990年 73,800
2000年 85,700
2010年 99,000
2019年 110,000
2020年 74,300
2021年 79,900
東京メトロ
駅構造 地下駅
ホーム

1面2線

開業日

2003年(平成15年)
3月19日

路線
東京メトロ半蔵門線
駅番号 Z13
キロ程

15.4km
(渋谷起点)

住吉
(1km)

押上
(1.4km)

年度別1日平均乗車人員
2003年 営団地下鉄半蔵門線開業
2003年 22,900
2004年 営団地下鉄民営化に伴い東京メトロの駅となる
2005年 29,600
2010年 41,400
2015年 49,300
2018年 53,000
2019年 54,100

錦糸町

※2021年7月現在の配線図です。

番線 路線 行き先 有効長 備考
1 中央・総武線 秋葉原・新宿・中野方面 -
2 中央・総武線 西船橋・船橋・千葉方面 -
3 総武快速線 馬喰町・東京・横浜方面 -
4 総武快速線 船橋・千葉・成田空港方面 -

←NEXT→

COLUMN

錦糸町に伝わる伝統工芸

 

「桐たんす」

 

江戸桐箪笥(えどきりたんす)は江戸文化に生まれ、育まれてきました。江戸幕府開府とともに全国から職人達を集め、江戸周辺に住まわせ職人町をつくったのが始まりだといわれています。

 

桐は日本国内でとれる木材としては最も軽く、また、湿気を通さず、割れや狂いが少ないという特徴があり、高級木材として重宝されてきました。日本では特に箪笥の材料として用いられることが多く、桐箪笥といえば高級家具の代名詞となっています。

 

「江戸指物」

 

指物とは、釘などの接合道具を使わずに、木と木を組み合わせて作られた家具・健具・調度品などの総称です。

 

江戸で発展した江戸指物は、武家や町人・商人に多く用いられました。その風土ゆえに華美な加工は好まれず、淡泊な木目に渋味をもつ漆塗り(うるしぬり)を施して素材の木目の美しさを活かしたものが好まれてきました。

 

「江戸表具」

 

表具とは仏教伝来と共に経典の表装技術として伝わったと考えられています。以後、床の間の発生や茶道の興隆(こうりゅう)により需要が増え、江戸時代には上流社会の必需品となっていきました。

 

その技術は、軸装を主とし、天井・壁・画貼(がじょう)・屏風・襖(ふすま)などの装丁や修復など幅広い技能を要求されます。そしてすべてが依頼主の注文に応じて一点ずつ制作され、伝統的な色目使いを重んじた格調高い取り合わせを基調としています。

 

「市松人形」

 

市松人形の名は、江戸時代に活躍した人気歌舞伎役者「佐野川市松」に由来していると言われています。市松人形の特徴は元来、胴・腰があり衣装が着せ替えられるところにあります。

 

人形の存在は、土で作られた「埴輪(はにわ)」や木や布で作られた「天児(あまがつ)」など身代わりとして使われはじめたようです。

 

「足袋仕立て」

 

足袋のルーツは一説には奈良時代からとあり、指の股がなく紐で結ぶ形だったそうです。

 

室町時代には股のある形になり元禄時代に「こはぜ掛け」が主流になったそうです。足袋の寸法は昭和34年までは文教でおいていました。現在はセンチです。

 

「建築漆塗工」

 

漆塗り(うるしぬり)には数々の塗る技法があります。地場の塗り、春慶塗(しゅんけいぬり)、堆朱(ついしゅ)、梨子地塗り(なしじぬり)等です。

 

建築漆塗工は、それらの技法を用途によって使い分ける必要があり、それらの塗り技法を全てマスターしなければなりません。神社仏閣、公共施設、文化施設等の建具や家具等にその技術が生かされています。

 

「籐工芸」

 

「籐(とう)」は英名ラタンという熱帯・亜熱帯に分布する、椰子(やし)科に属す、つる性植物の総称で我が国には自生しません。

 

しかし伝来は古く遣唐使(けんとうし)によってもたらされて以来、日本の風土に自然に慣れ親しまれてきました。一見して竹と思われる方が多いが、その性質は軽さ・強靭さ・しなやかさ・通気性に優れ、その種は300以上に及ぶが細工に向く良質材は主にインドネシア産の数種類に限ります。

 

「手描き提灯」

 

江戸手描き提灯とは江戸時代に浅草近辺に多くみられた提灯職人により、力強く粋な職人芸や工夫が込められた提灯のことをいいます。江戸提灯は早くから分業化が進み、職人の重要な仕事は文字を書くことにありました。

 

その特徴は、江戸文字や家紋・線を主体に、その入れ方を工夫しバランスを取って描くことにより、遠くから見てもはっきりと判読出来るところにあります。

←NEXT→

 


PAGE TOP