本千葉
ほんちば
Hon-Chiba

所在地

千葉県千葉市

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2019年)約11,900人

 

 

 

千葉市の中心地は千葉駅ではなく千葉県庁や裁判所に近い当駅である。あちらはあくまでも千葉県の中心駅なのだ。

 

千葉都市モノレール「県庁前駅」が当駅の北東に位置しており、距離も約300mと近い。元々は当駅に総武線快速が停車しなかったが2010年12月にホームが15両編成対応に延伸され、停車を開始した。

外房線

総武線快速

 

 

(上り)
千葉・東京方面

(下り)
大網・勝浦方面

内房線

総武線快速

 

 

(上り)
千葉・東京方面

(下り)
木更津・館山方面

WALK

約300m

STATION GALLERY

駅名標

縦型駅名標

ホーロー案内標

ホーム。乗降客は少ない

ホーム正面を京成千葉線(千原線)が走る。この辺りは「千葉中央」〜「千葉寺」間

サイン。千葉方面は外房線扱い

B.B.BASE STATION

改札の外にブックオフとニューデイズ

東口の先には千葉県庁がある

西口はマンションやアパートが多い

本千葉駅の文字

SPOT

亥鼻公園

いのはなこうえん

本千葉駅から約450m


かつて亥鼻城(千葉城)が立地した亥鼻の丘一帯を占める公園。公園を象徴する亥鼻城(千葉城)は復元されたものであり、千葉市立郷土博物館という施設として千葉市および千葉氏に関する常設展示などを行う。公園は桜の名所として知られており、千葉市立郷土博物館をはじめとした各種文化施設が立地している。

千葉 常胤(ちば つねたね)の騎馬像

千葉県文化会館。日本音響家協会の優良ホール100選に認定

千葉教会教会堂

ちばきょうかいきょうかいどう

本千葉駅から約450m


明治28年(1895年)にドイツ人の建築家リヒャルド・ゼールの手によって建設された洋風の教会堂。内部はすべて木製でつくられる、千葉県の有形文化財に指定された歴史ある建物。建築家リヒャルド・ゼールは霞ヶ関に残る法務省の赤レンガ庁舎なども手がけた。

STATION DATA

JR東日本
駅構造 高架駅
ホーム

1面2線

開業日

1896年(明治29年)

2月25日

運営形態 業務委託駅
路線

外房線
(内房線直通)

キロ程

1.4km
(千葉起点)

千葉
(1.4km)

蘇我
(2.4km)

年度別1日平均乗車人員
1990年 6,920
1995年 7,870
2000年 7,040
2005年 7,880
2010年 8,640
2015年 10,500
2019年 11,900

←NEXT→

 


このページの先頭へ