東金
とうがね
Togane

所在地

千葉県東金市

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2019年)約4,190人

 

 

 

当駅の開業日は1900年(明治33年)とかなり古く日本では早い部類。1961年までは九十九里町まで通じる九十九里鉄道が存在していたが自家用車の普及により利用客が減少したことで廃線になった。現在の九十九里鉄道は東金市を拠点としたバス事業を展開している。

 

当駅から600mほどの場所にある「八鶴湖(はっかくこ)」は、湖畔に多くのソメイヨシノがある東金市人気の花見スポットである。

東金線

 

(上り)
大網方面

(下り)
成東方面

京葉線通勤快速
京葉線快速
普通

STAMP

春は桜 秋はぶどうの郷。東金駅から約1kmの場所にある八鶴湖は桜の名所であり多くのソメイヨシノがある。またソメイヨシノは東金市の花である。東金駅から約3.5kmの場所には東金ぶどう郷という場所があり、ぶどう農家が集う県下最大級のぶどうの産地となっている。

東金駅 1900年6月30日開業。東金駅は1900年に房総鉄道の駅として開業し、1907年に国に買収され国鉄の駅となる。1900年の鉄道駅開業は日本全体から見ても早い部類に入るようだ。スタンプにはお馴染み209系と京葉線のE233系が描かれる。京葉線の車両は朝と夜のみ東金線に顔を出す。

STATION GALLERY

駅名標

駅名標2

縦型駅名標

名所案内

ホーム

待合室

ホーム上のトイレ

駅舎の中

地元の高校生による作品「孟宗竹(もうそうちく)の竹灯り」

東金駅開業120周年

西口。東口は跨線橋で連絡

東金駅周辺ぶらり案内

関東ふれあいの道

東口は市役所に近い東金市の中心部

駅前のトイレ

駅の看板

SPOT

八鶴湖

はっかくこ

東金駅から約1km


1614年、かつて存在していた東金御殿からの願望を良くするために、中心にあった池を広げることによって誕生した湖。

 

湖畔には多くのソメイヨシノがあり、開花の時期に合わせて開催される「東金桜まつり」は大賑わい。

昭和初期に建てられた「八鶴亭」。国の登録有形文化財に指定されている施設もある

夜の八鶴亭

ライトアップされた桜

色とりどりな夜桜

ハスの花

厳島神社 谷弁財天

ときがね湖・東金ダム

ときがねこ・とうがねダム

東金駅から約3.5km


ときがね湖は東金ダムの建設によりできたダム湖。湖の周辺には約3kmの遊歩道が整備されており、ウォーキングやジョギングをする人が集まる。

 

房総導水路の貯水池としての役割があり、房総半島の九十九里地域や南房総地域に利根川の水を運んでいる。

遊歩道

遊歩道から見る景色

洪水吐

洪水吐下流

九十九里ビーチタワー

くじゅうくりビーチタワー

東金駅から約9.5km


九十九里町の不動堂海水浴場にある、巻き貝の形をした高さ22mの展望塔。九十九里浜全体から見てほぼ中央に位置する。ここから眺める九十九里浜は一味違って見えるはず。夜間にはタワーがライトアップされるようだ。

砂浜と海が果てしなく広がる。こちらはタワーの南

北側

STATION DATA

JR東日本
駅構造 地上駅
ホーム

1面1線

開業日

1900年(明治33年)

6月30日

運営形態 業務委託駅
路線
東金線
キロ程

5.8km
(大網起点)

福俵
(2.5km)

求名
(3.8km)

年度別1日平均乗車人員
1990年 5,350
1995年 5,380
2000年 4,700
2005年 4,600
2010年 4,530
2015年 4,340
2019年 4,190

東金

※2021年7月現在の配線図です。

番線 路線 行き先 有効長 備考
1 東金線 大網方面(成東方面) 6 行き違いがない時主に使用
2 東金線 大網方面(成東方面) 6

 

←NEXT→

 


PAGE TOP