福俵
ふくたわら
Fukutawara

所在地

千葉県東金市

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2006年)約580人

 

 

 

東金市に位置する無人駅。「東金」の由来は、鳥の鴇(トキ)が舞い飛ぶ丘陵地を「鴇ヶ嶺(ときがみね)」と呼び、それが訛って「とうがね」と呼ぶようになった、とされる。

 

1面1線の棒線駅で駅周辺は住宅街。かつては東金市の都市計画マスタープランにおいて当駅のホーム移転が考えられていたが、人口減少等といった理由から実施されなかった。

東金線

 

(上り)
大網方面

(下り)
成東方面

京葉線通勤快速
京葉線快速
普通

STATION GALLERY

駅名標

ホーム

特急は来ないが特急乗車口がある

駅の出入口

駅前。踏切に注意

駅の看板

SPOT

雄蛇ヶ池

おじゃがいけ

福俵駅から約2km


江戸時代からあるという灌漑用貯水池。バス釣りの名所として知られるだけでなく、池の外周には約4kmのハイキングコースが整備されている。

 

いわくつきの心霊スポットでもあるらしいが・・・・・。

洪水吐

ハイキングコース

湖畔を歩く

池の周辺は平坦かと思いきやアップダウンが激しい

STATION DATA

JR東日本
駅構造 地上駅
ホーム

1面1線

開業日

1938年(昭和13年)

3月1日

運営形態 無人駅
路線
東金線
キロ程

3.3km
(大網起点)

大網
(3.3km)

東金
(2.5km)

年度別1日平均乗車人員
1990年 200
1995年 290
2000年 470
2005年 570
2006年 580

←NEXT→

 


PAGE TOP