愛宕

あたご

Atago

連続立体交差事業により高架化

所在地

千葉県野田市

1日平均乗降人員

東武鉄道(2021年)約8,500人

Train line

東武アーバンパークライン

上り
春日部・
岩槻・大宮方面

下り
流山おおたかの森・
柏・船橋方面

急行

区間急行

普通

どんな駅?

駅名は周辺にある愛宕神社に基づくもの。当駅を含む「梅郷」〜「清水公園」間の高架化工事に伴い、当駅の旧駅舎は撤去された。

 

連続立体交差事業により2018年3月より仮駅舎の使用開始、2021年3月からは高架化された新駅舎の使用を開始した。高架後も当駅のホームは2面2線と現状維持。また単線区間のまま高架化されたが現在の設備で毎時6本運行が実現しているため、利用状況に見合った運行形態にできているからと思われる。

Gallery

駅名標

かつての駅名標

縦型駅名標

ホーム。単線区間にある駅とは思えない立派な高架駅

地上駅だった頃のホーム。高架化工事中の仮設ホーム。2018年から新駅舎が完成する2021年まで使われていた

高架線切り替え工事中だった頃。高架ホーム、階段が確認できる

仮駅舎の改札。高架前の出入口は東側の1か所のみ。大宮方面ホームへ行くには跨線橋を渡る

新しい駅舎ができると仮駅舎の改札は移設された

改札内。広く綺麗なコンコース。ベンチもある

改札

改札外。2024年5月1日現在

駅舎を東口から、2024年5月1日現在。「江戸川の流れに高瀬舟が帆を張って未来へと進んでいくイメージ」で、外観は船を表現しているという。野田を発展させた河川の交通から着想したもの

東口。駅周辺は商店街で野田市街地の北東端。野田市駅はキッコーマンの工場などに囲まれている立地上、こちらの方が栄えた印象を受ける

仮設の東口

東口の看板

東口の仮駅舎

仮駅舎使用終了

駅前工事中の西口。この辺りの野田線は駅間が短く清水公園駅まで徒歩約15分、野田市駅まで徒歩約17分で行ける

駅舎を西口から、2024年5月1日現在

 

西口の看板

愛宕駅の文字

Spot・Gourmet

ホワイト餃子

ホワイトぎょうざ

ホワイト餃子野田本店まで約1km


パリパリな生地の中にたっぷり肉と野菜が詰まった餃子で、大量の油を使用する独特の焼き方で仕上げるのが特徴。野田市に本店を構え全国に20店舗を展開している。レシピは中国人の料理人「白(ぱい)さん」から教わったため「ホワイト餃子」と名付けられた。

店前のモアイ像が印象的なホワイト餃子野田本店。愛宕駅から約1km

ホワイト餃子柏店。柏駅東口から約500m

Station data

東武鉄道
駅構造 高架駅
ホーム

2面2線

開業日

1929年(昭和4年)
9月1日

路線

東武野田線
(東武アーバンパークライン)

駅番号 TD16
キロ程

27.7km
(大宮起点)

清水公園
(1.1km)

野田市
(0.9km)

年度別1日平均乗降人員
2010年 9,200
2012年 9,320
2014年 9,490
2016年 9,550
2018年 9,900
2019年 9,930
2020年 7,690
2021年 8,500

 

←NEXT→