矢切
やぎり
Yagiri

所在地

千葉県松戸市

 

1日平均乗車人員

北総鉄道(2018年)約4,120人

 

 

 

江戸川の渡し舟である「矢切の渡し」は当駅から距離があるため、対岸の柴又側から乗船し往復利用するのが一般的のようだ。ちなみに当駅は北総線で数少ない発車メロディが流れる駅。

北総線

急行

 

 

(上り)
京成高砂・京成上野・
押上・都営浅草線・
京急線方面

(下り)
東松戸・新鎌ヶ谷・
印旛日本医大・
成田空港方面

STATION GALLERY

駅名標

縦型駅名標

ホーム。折り返し運転ができる

床の矢印は矢羽をイメージしている?

改札

改札外に「矢切の渡し」で使用されていた渡し船が展示されている

駅の外へ

ステンドグラス

駅前。「矢切の渡し」は当駅より京成線「柴又駅」の方が圧倒的に近い

民子と野菊と矢切の渡し。名作「野菊の墓」の舞台

水上勉氏旧居跡。水上勉とは松戸市に住んでいた作家の事

矢切駅入口

矢切駅の文字。日本橋まで最速25分

SPOT

国府台天満神社

こうのだいてんまんじんじゃ

矢切駅から約1.5km


市川市の国府台地区では人畜に危害を与える悪霊などが部落に侵入するのを防ぐため、各集落の出入口にあたる四隅の辻を霊力によって遮断する「辻切り」と呼ばれる行事が行われてきた。藁(わら)で大蛇を4体作り、お神酒を飲ませて魂入れをしてから町の東西南北「四隅」にある木に結び付け、呪力によって悪霊など追い払う。

 

藁の大蛇作りは毎年1月17日にここ国府台天満宮神社の境内で行われているようだ。

STATION DATA

北総鉄道
駅構造 地下駅
ホーム

2面4線

開業日

1991年(平成3年)
3月31日

路線
北総線
駅番号 HS02
キロ程

3.2km
(京成高砂起点)

新柴又
(1.9km)

北国分
(1.5km)

年度別1日平均乗車人員
2010年 3,490
2012年 3,440
2014年 3,670
2016年 4,000
2018年 4,120

矢切

←NEXT→

 


このページの先頭へ