山万1000形

ユーカリが丘に因んで「こあら号」の愛称を愛称を持つ車両。編成ごとに「こあら1号」「こあら2号」「こあら3号」と名付けられている。

 

車両の構造上、冷房が搭載されていないため、ユーカリが丘線では夏季になると暑さ対策のため「おしぼり」と「うちわ」が配られる。

GALLERY

車内

「こあらファミリー」のラッピング

こあら1号

こあら2号

おしぼり電車ヘッドマーク

海隣寺ゆかり&宮小路さくらヘッドマーク

海隣寺ゆかりヘッドマーク

宮小路さくらヘッドマーク

「公園」〜「女子大」間、高層マンションをバックに走る

 

撮影地ガイド

 

ユーカリが丘線の環状部の内側には森が広がる場所がある。森の外側には道があるのでそこから森を背にして高層マンション群を背景に加えつつ、ユーカリが丘線を撮影する。何ともニュータウンらしい一枚。


カーブを曲がる

「公園」〜「女子大」間、緑豊かな場所を走る

「女子大」〜「中学校」間2

「中学校」〜「井野」間

こあら3号

SPEC

山万1000形
運用者

山万

所属

ユーカリが丘車両基地

運用開始日

2012年(平成24年)7月8日

運用区間

ユーカリが丘線「ユーカリが丘」〜「井野」

編成 3両
軌間 1,800mm
電気方式 直流750V
設計最高速度 50km
最高速度 50km
起動加速度 3.5km
減速度 3.5km

BACK

 


PAGE TOP