二俣新町

ふたまたしんまち

Futamatashimmachi

所在地

千葉県市川市

 

1日平均乗車人員

JR東日本(2018年)約4,800人

 

 

 

当駅はデルタ線と呼ばれる線路配置の真ん中(?)に位置しており、武蔵野線方面から来ると運行形態上、一回乗り換えしないとたどり着けない。駅周辺は倉庫と工場ばかりで秘境駅とも言われる。

京葉線

 

(上り)
舞浜・新木場・
東京方面

(下り)
海浜幕張・蘇我方面

STATION GALLERY

駅名標

駅ナンバリング導入前の駅名標

縦型駅名標

ホーム

待合室

二俣支線を走る武蔵野線

改札

当駅はデルタ線と呼ばれる線路配置の中に位置する

ふなばし三番瀬海浜公園に飛来する「バン」のレリーフ

京葉線おかげさまで全線開業30周年

当駅は「ふなばし三番瀬海浜公園」の最寄り駅

駅周辺は倉庫と工場ばかり。湾岸道路で車の行き交う音が響き渡る

市川市の市章

デイリーヤマザキ

二俣新町駅の文字

SPOT

ふなばし三番瀬海浜公園

ふなばしさんばんぜかいひんこうえん

二俣新町駅から約2.5km


東京湾の最奥部に位置する干潟「三番瀬」沿いに整備された公園。公園の干潟は人工的なものではあるが様々な生き物が生息し、東京湾の恵みを見ることができる。三番瀬の周辺は港や工場が多いだけでなく護岸されているところが大半であり、ここは三番瀬で自由に立ち入れる数少ない干潟である。

三番瀬は東京湾屈指の魚場。都心から一番近い潮干狩り場として知られている

ふなばし三番瀬環境学習館

STATION DATA

JR東日本
駅構造 高架駅
ホーム

1面2線

開業日

1988年(昭和63年)
12月1日

運営形態 業務委託駅
路線
京葉線
駅番号 JE10
キロ程

22.6km
(東京起点)

市川塩浜
(4.4km)

南船橋
(3.4km)

 


このページの先頭へ